前の記事へ次の記事へ
お得?不安?中古住宅のメリットとデメリット
お役立ち情報2019.12.16
お得?不安?中古住宅のメリットとデメリット

家の購入を検討する際に、中古住宅を買おうかどうしようかと悩まれる方も多いと思います。
この記事では、中古住宅の購入について様々な観点からまとめてみました。
家の購入予定のある方もない方も、ぜひ一読してみてください。

1. 中古住宅のメリットとデメリット
中古住宅のメリットとデメリット

中古住宅には、新築の住宅とは違ったメリットやデメリットがあります。
どのようなメリットやデメリットがあるのか、簡単にまとめてみました。

【中古住宅のメリット】
■価格が安い
中古住宅の一番のメリットは、何と言っても新築住宅と比べて価格が安いということです。
もちろん築年数にもよりますが、木造の中古住宅だと建てられてから20~30年以上経っていると、ほとんど土地代だけで購入できる場合もあります。

■実物の確認ができる
中古住宅は既に実際の建物が存在しますので、外観や室内はもちろんのこと、日当たりや風通し、周囲の景観との兼ね合いなどを実際に確認することができます。
室内に入って新しい暮らしを想像したり、生活動線を確認したりしやすいので、購入してからのギャップが少ないと言えるでしょう。

【中古住宅のデメリット】
■見えない欠陥や不具合の心配
目で確認することができる欠陥や不具合(これを「瑕疵(かし)」と言います)は、修理や修繕をすれば良いのですが、表向きにはわからない隠れた瑕疵があるかもしれない、という心配が中古住宅にはあります。

■思い通りの家ではない
中古住宅を購入して、リフォームやリノベーションを施すという選択をする人も増えてきているようです。
しかし、やはり最初から自分の思い通りに建てた家ではありませんので、制約やイメージの違いがあることは否めないと言えるでしょう。

2. 中古住宅の価値がゼロになる?
中古住宅の価値がゼロになる?

国土交通省ホームページの『既存住宅・リフォーム市場の活性化に向けた取組み』(引用:http://www.mlit.go.jp/policy/tyukozyutaku.html)によると、日本における中古住宅の流通シェアは、欧米の6分の1程度という低い水準にあります。

このような背景には文化的な原因もありますが、日本の家は木造建築が多く、耐用年数が短い家が多いということに起因している面が大きいと思われます。

土地と違って、家などの建築物は経年によってその価値が徐々に下がっていきます。
木造の家であれば、建てられてから20~25年程度でその価値はゼロと評価されてしまうのが現状です。
そうなってしまうと、売主側も売却を前提とした手入れや修繕等を行わなくなってしまいますので、結果として中古住宅が市場に流通されにくくなってしまうのです。

このような現状を懸念して、国は中古住宅の流通を促進するために、中古住宅を築年数だけではなく、きちんと管理や手入れが行われているかどうかという評価基準を採用するようになりました。

また、住宅診断(ホームインスペクション)を実施することにより、見えない欠陥や不具合といった中古住宅の不安や心配を軽減したりするような取り組みも行われています。
以上のような国の動きによって、中古住宅市場に変化がもたらされつつあります。

一例を挙げると、中古の一戸建てを購入して入居した世帯全体において、築38年以上の物件を購入した割合は、1998年の3.7%から10年後の2008年には6.8%に増加。
マンションの場合も同様に、1998年には築38年以上の物件を購入して入居した世帯の割合はわずか0.2%から、2008年には2.4%へと大幅に増加しました。
(引用:http://www.homes.co.jp/cont/sale_00033/)

3. 中古住宅購入の失敗事例
中古住宅購入の失敗事例

中古住宅の購入を考えるにあたり、中古住宅購入の失敗やトラブルを知っておくことは、同じ轍を踏まないためにも必要です。
ここでは、中古住宅購入の失敗事例をまとめてみました。

■失敗その1~建物に関すること~
中古住宅を購入して、実際に住み始めてから建物の不具合に気付いた、という失敗です。
例えば、
・3階建ての3階の部屋が夏は暑くて使えない
・トイレの排水管の位置が悪く夜中に水を流す音がうるさくて目が覚めてしまう
・2階の床の防音が不十分だったため足音や物音がひびいて困る
などがあります。
内見をする際には、実際に生活が始まったことを想定して、細かいところまでチェックするようにしましょう。

■失敗例その2~税金に関すること~
同じ居住用の住宅であっても、新築住宅だと受けられて中古住宅だと受けられない税金の優遇措置などがあります。
例えば、投資型減税(認定住宅新築等特別税額控除)や建物に課税される固定資産の軽減措置などは、新築住宅でしか受けることができません。
中古住宅の購入を考えているならば、そのような税金の優遇措置が受けられるのか、自治体の窓口などで前もって確認しておくことをおすすめします。

■失敗例その3~住宅ローンに関すること~
金融機関などで住宅ローンを組んで中古住宅を購入しようとした時に、思ったような金額を借りることができない場合があるので注意が必要です。
住宅ローンを組む時は、購入する家や土地などを抵当として購入資金を借ります。
その際に、築年数が経っている中古住宅だと、家の価値が非常に低く見積もられ、抵当として価値がないと判断されてしまうからです。
特に予算のほとんどを住宅ローンで賄おうとしている場合は、しっかりと融資額の確認をするようにしましょう。

■失敗例その4~近隣に関すること~
中古住宅を購入して住み始めると、すでにできあがっている近隣のコミュニティに参加せざるを得ないという状況になります。
コミュニティによっては地域の行事への参加を強いられるなど、予想外の出来事があることも否めません。
順番で清掃などの当番がまわってくることもあります。
しかし、大変だからと言ってそれらに参加しないと、今度はコミュニティからはじかれてしまうという八方塞がりの状態に陥ってしまうことになります。
現地を確認する時には、家そのものだけでなく、あらかじめ地域の活動や交流などを調べておくと良いでしょう。

4. まとめ~長く住める家とは~
まとめ~長く住める家とは~

車や洋服とは違って、家の購入で妥協をしてしまうと、結果として後悔を招くことになりかねません。
中古住宅は価格が安く実物を見てから購入できるというメリットがありますが、一方で見えない瑕疵(かし)や住んでみないとわからないトラブルなどが多いのもの事実です。

また、何よりも「理想の家」や「住みたい家」と完全にマッチすることは少ないでしょう。
思い通りの家を手に入れるという面では、やはり中古住宅は新築の注文住宅には敵いません。
もし、安いというだけの理由で中古住宅の購入を検討しているのでしたら、後々まで長く住める満足した家を手に入れるためにも注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

芦屋を拠点として事業を展開している高翔グループは、お客様の理想の家づくりを実現するご提案をしております。
希望の間取りや予算額など、どのようなご相談でもお受けしておりますので、思い通りの家を手に入れるという夢をかなえる注文住宅について、ぜひ一度検討してみてください。