前の記事へ次の記事へ
テレワークリフォーム7選|オープンデスクで快適な作業空間づくり
お役立ち情報2020.12.14
テレワークリフォーム7選|オープンデスクで快適な作業空間づくり

新型コロナ感染拡大から、在宅ワーク、テレワークの機会が急激に増えました。
快適な作業スペース確保のため、自宅のリフォームが注目されています。

1. テレワークに必要な「集中できる空間」とは
テレワークに必要な「集中できる空間」とは

withコロナ時代の新しい生活様式のひとつである、テレワーク。

これまでも通勤せずに在宅で仕事をする方は少しずつ増加していたものの、コロナ渦でテレワークに適した住まいへの関心が急速に高まっています。

快適に作業するための『集中できる空間』には、どのような要素が必要でしょうか。

はじめに、落ち着いて仕事をするための条件を考えてみましょう。

 

〇広さ
視界に入る情報量が多いと気が散ります。
適度な籠もり感があることや、壁面に対面することで集中力を継続できます。

 

〇姿勢
悪い姿勢は、身体にもストレスがかかります。
適切な高さのデスクと長時間座っても疲れない椅子があるべきです。

 

〇明るさ
学習デスクには必ずデスク照明があるように、手元がしっかり見える明るさが必要です。

 

〇プライバシー性
雑音が多い、家族に常に話しかけられてしまう距離では、注意散漫となり作業し辛いです。
また、大切な資料を保管できることや、電話やWEB会議で仕事の内容を話しても差し支えない環境が求められます。

 

上記のような『集中できる空間』の条件満たすために、リフォームでどのようなことができるでしょうか。

2. 快適な作業スペース確保!テレワークリフォーム例
快適な作業スペース確保!テレワークリフォーム例

テレワークに役立つリフォーム例を、具体的に紹介していきます。

 

【①オープンデスク設置】

寝室などの個室でもワークスペースをつくることはできますが、明るさや温度環境など、昼間に過ごしやすいように造られているリビングは、デスク設置におすすめです。
ポイントは、家事動線と重ならない場所に設置することです。
家事を妨げることなく、仕事に集中することができるでしょう。

 

【②間仕切り壁増設】

上記同様「書斎」空間を造るほか、WEB会議で家の中が映り込んでしまわないよう、背景壁のみ増設を検討する方も増えています。
アクセントクロスなどで、背景も表情も明るく映るよう工夫をしましょう。

 

【③個室の増設】

内壁の設置だけでなく、連続の引き戸など「建具の増設」をするだけでも、意外にも簡単に個室の増設ができます。
より集中できる空間の提案として、調湿効果や吸音効果のある壁材もおすすめです。
珪藻土や漆喰など天然素材を原料とした塗料やタイルは、新築でも人気があります。
より防音性を高める必要が場合は、壁内に防音材を入れた内壁を増設できます。

 

【④造作書棚】

テレワークの課題のひとつが、普段は会社に保管している書類の行き場です。
書棚を兼ねた造作デスクや、間仕切りを作ることで、快適な作業空間を確保できます。

 

【⑤外窓新設】

寝室やクローゼットの中にワークスペースを新設する場合、窓がなく暗い空間になりがちです。
構造をしっかり確認した上で、外窓を新設することができます。
換気対策にもおすすめのリフォームです。

 

【⑥照明計画の見直し】

作業スペースのみならず、長く住んでいるからこそ分かる使いづらい照明位置はありませんか。
照明の位置や器具を変えることで、気分も明るくなります。

 

【⑦コンセント/インターネット配線】

「パソコンや携帯電話の充電がつなぎにくい」「インターネットが途切れてしまう」という課題は、現代においては死活問題です。
リフォームで自宅の配線環境を見直すこともできます。

 

3. リフォームするなら感染対策も
リフォームするなら感染対策も

テレワークリフォームと合わせて、感染対策もリフォームで叶えることができます。

 

例えば、

〇換気・空調システムの導入
〇玄関網戸設置
〇抗菌・抗ウイルス機能を持つ床材や壁材への貼り替え
〇衛生設備増設(玄関の洗面台、トイレの増設など)

など、換気対策や衛生対策にも、リフォームでできる項目がたくさんあります。

 

詳細は『コロナ対策リフォーム特集~テーマ別事例紹介~』に記載しています。

 

高翔グループでは、たくさんの施工実績から、最適なリフォームのアドバイスをしています。リフォーム・リノベーションの専門チームが、小さな工事から丁寧に対応しています。

⇒REFORM RENOVATION

 

高翔グループで建築した住まいに限らず、既存の住宅の点検・メンテナンスにも対応できるよう「高翔トータルサポート」として駆けつけサービスなどを行っています。 

STRUCTURE SUPPORT

高翔トータルサポート

 

4. まとめ~リフォームで快適なテレワークスタイルを実現~
まとめ~リフォームで快適なテレワークスタイルを実現~

テレワーク対策や感染対策のリフォーム事例はいかがでしたか。

「コロナ渦のためにわざわざリフォームをするのはもったいない」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、家族構成や時代の変化とともに、住まい方も変化していくことは当然のことです。

住みにくさがあればリフォーム・リノベーションで解決しながら、大切に住み続けていくことが、結果的に家の寿命を伸ばすことにつながります。

さらに、何かのリフォームの際に、同時に照明を変えたり、壁紙を変えたり、暮らしの変化を楽しむことができれば、サステナブルな未来社会実現の第一歩だと考えます。

不便がなくても、新築後10年以上経過している場合は、点検や交換が必要な設備があります。

一度、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

 

高翔グループは、芦屋エリアの住まいのプロフェッショナルとして、様々な暮らしの提案を行っています。

コロナ時代を乗り越える住まいの工夫を、お手伝いします。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

【関連記事】

『リフォームとリノベーション、2つの違いと効果について』

『コロナ対策リフォーム特集~テーマ別事例紹介~』

『【おうち時間】庭のリフォーム初心者必見|目的別エクステリア例』