前の記事へ次の記事へ
ゾーニング計画とは~マイホームをこだわるための豆知識~
お役立ち情報2021.01.18
ゾーニング計画とは~マイホームをこだわるための豆知識~

オーダー住宅でこだわりを実現するために欠かせないのが「ゾーニング計画」です。
設計士が間取りを考えていく工程を紹介します。

1. ゾーニング計画とは
ゾーニング計画とは

住まいの間取りを考えるとき、設計士がどのように図面を作っていくのか、ご存じですか。

設計図面を考える際の最初のプロセスが、ゾーニング計画です。

 

ゾーニングとは、設計の初期に空間を用途毎に区切っていく工程を指す、建築用語です。

例えば、『リラックスゾーンと家事ゾーン』を区切り家事動線をつなげていくように、寸法に落とす前に全体の構成を考えることがゾーニングです。

 

一般的に施主にゾーニングまで紹介しない場合が多いため、目に触れる機会が少なく、初めて聞いた用語という方もいるかもしれません。

ゾーニング計画は、住まいの設計を考える上で重要なプロセスの一つです。

 

例えば、作文を書くときは、はじめに目的や要点を書き出し、文章の構成を考えますよね。

ゾーニングは、いわば、設計図の構成を組み立てる段階です。

敷地の条件を読み、家族の叶えたい希望を図面に書き出していくことで、たくさんあるこだわりがまとまり、自分らしい家づくりが実現できます。

 

 

2. ゾーニングから考える家の設計
ゾーニングから考える家の設計

ゾーニングでどのような空間を区切るかは、ルールはありません。

次は、空間を区切るとはどのようなことか、例をいくつか挙げてみていきましょう。

 

【地形を考える】

敷地の東西南北だけでは、日当たりは判断できません。
周囲に何があるか、高低差はどうか、隣地との距離はどのくらいか、細かく状況を把握し、光と風の入り方を見極めます。
敷地の中で、最も光と風をしっかり取り込むことができる位置には、リビングのように、家族が気持ちよく過ごせる空間を配置します。

 

【家族構成を考える】

例えば、二世帯住宅では『親世帯ゾーン、子世帯ゾーン、共有ゾーン』を区切り、家族の行動の流れを考えます。
単世帯でも、生活時間はひとりひとり違うものです。
子ども達が過ごす空間を、家事をしながら見守るゾーニングを考えることもあります。

 

【叶えたいことを考える】

自由設計のオーダー住宅を希望するご家族には、住まいで叶えたい暮らしがそれぞれあるはずです。
吹き抜けをつくるなら、どの位置が一番美しい光を取り込める吹き抜けになるのか。
外とつながるアウトドアリビングには、どの位置が最も気持ちいい空間か。
効率の良い家事動線には、どこに水回りと収納を配置すべきか。
リビングルームだけを中心に考えるわけでもありません。
「浴室にこだわりたい」「書斎にこだわりたい」というオーダーもあります。

 

家族が叶えたいことを実現するためにはどの配置が最適か、という視点で設計図を構成することがゾーニングなのです。

3. ゾーニング計画だけじゃない「こだわりポイント」
ゾーニング計画だけじゃない「こだわりポイント」

家づくりの構図であるゾーニング計画を考えるには、敷地を見極める力と、生活を具体的にイメージする力が必要です。

設計士は、知識と経験を重ね、日々実力を磨いています。

 

敷地の寸法と方角だけを見て、間取りを組み立てていくのでは、フルオーダーの住まいと呼べません。

私達、高翔グループが建築家との家づくりとよぶのは、プロフェッショナルとして家族の暮らしに合わせた住まいを創っていくことに誇りを持っているためです。

高翔グループには、ゾーニング計画の他にも、プロと創るオーダー住宅だからこそ叶えられる「こだわりポイント」があります。

 

例えば、
「個性的な階段のある家に住みたい」
「地下室をつくりたい」
「おしゃれな外観にしたい」
「庭やエクステリアもこだわりたい」
など、色々なご家族の希望を実現してきた実績があります。

 

※関連記事:
『住宅の階段について|安全で快適な階段にするポイントは?』
『戸建て外構工事で後悔しない!こだわり工事例と失敗対策』
『地下室のある家に住みたい!実際に住んだ感想は?』
『住宅を守る屋根選び/その形状と素材について』
『二世帯住宅/失敗例から学ぶ!成功する間取りのポイント』
『在来軸組み工法とは?その工法とメリットの紹介』
『注文住宅の間取〜決め方のコツとポイント〜』

4. まとめ~こだわりのマイホームを実現させる~
まとめ~こだわりのマイホームを実現させる~

 

自由設計で、家族の希望を全て叶えることは、簡単なことではありません。

具体的な「〇〇が欲しい」というオーダーにならないご希望もたくさんあります。

はじめは、ご家族の生活時間や好きなことなど、どのように暮らしているかを聞いていきます。

打ち合せを重ねる中で、実現したい暮らしが具現化されていき、ご家族らしい家が完成します。

そのために、ゾーニング計画をはじめ、知識と経験ある「建築家」として向き合う姿勢が大切だと考えています。

 

高翔グループでは、ご納得いただくまで何度でも打ち合せを重ね、世界に一邸を創りあげる自由設計の家「TAKASHO NO IE」を展開しています。

建築のプロである設計士が、丁寧にご希望を伺います。

 

また、『「特別な家」を「普段の暮らし」に』をコンセプトに、ワンランク上のスタンダードを提供する「TAKASHO NO IE _ Brass Label」をご用意しています。

デザイン性と安全性を叶え、私達と建築家がセレクトし創り上げた新しい住宅のカタチです。

 

お土地探しからのご相談には、不動産のプロフェッショナルとして「高翔バイセル」がご対応いたします。

こだわりの一邸を叶えるため、各分野、プロとしての誇りを持って日々精進しています。

芦屋エリアで注文住宅をお考えの際は、ぜひ、ご相談ください。