前の記事へ次の記事へ
【注文住宅】選択肢は自然素材だけ?家族の健康を守る家づくりとは
お役立ち情報2021.01.25
【注文住宅】選択肢は自然素材だけ?家族の健康を守る家づくりとは

健康に優しい家づくりとして自然素材が人気です。
しかし、それ以外にも、家族の健康を守るために注文住宅にできることはたくさんあります。

1. 注文住宅は自然素材で建てるべき?健康を守る家とは
注文住宅は自然素材で建てるべき?健康を守る家とは

住まいを新築するにあたり、家族の健康を守る家にしたいとは誰しもが思うことです。

シックハウス症候群など、住環境が身体に及ぼす影響で健康を害してしまう例は、少なくありません。
住宅建材には化学物質が含まれ、建築基準法で規制されている物質もあります。

化学物質を含まない家づくりとして、自然素材の住宅建材は、常に人気があります。

 

しかし、家族が健康に過ごすために必要な要素は、たくさんあります。

シックハウス症候群においても、住宅建材に含まれる化学物質は原因の一つに過ぎず、温熱環境やストレスなどの影響も大きいといわれています。

さらに、自然素材でなくとも、空気を浄化させ抗酸化作用のある工法もあるのです。

 

自然素材のメリットが大きいことは事実ですが、そればかりに着目せず、大きな視野で家族の健康を考えることが大切です。

 

【関連記事】

『シックハウス症候群とは?症状と対策について』

『新築に多い?シックハウス症候群と対策について』

 

2. 注文住宅で自然素材を使うことのメリット・デメリット
注文住宅で自然素材を使うことのメリット・デメリット

次に、自然素材の特徴について、メリットとデメリットを比較してみましょう。

自然素材を取り入れることの多い部材として、床材と壁材で考えます。

 

【床材】
ベニヤ状の板を重ねた構造(集成材)の一般的なフローリングは、貼り合せるために塗料が使われている一方、無垢フローリングは材木から床の厚さに切り出したもので、化学物質を含みません。

■メリット
・調湿性、脱臭性に優れる。
・踏み心地が柔らかく、冬場でもほんのりぬくもりがある。
・経年変化によって、色合いが変わっていく
・国産の木材が使われていることが多く、地産地消の促進、環境保護に役立つ。

■デメリット
・乾燥と湿潤を繰り返すことにより、剃りや曲がりが発生することがある。
・定期的なワックスがけなどメンテナンスの手間が必要。
・素材が柔らかい樹種は、傷が付きやすい。
・集成材フローリングに比べ、価格が高額。

 

【壁材】
代表的な自然素材として、漆喰と珪藻土が挙げられます。
自然な風合いから、カフェのようなリラックス空間のインテリアとしても人気です。

■メリット
・冬の乾燥を防ぎ、夏の湿気を抑えるため、ダニやカビが発生しにくい室内に保つ。
・特に珪藻土は、脱臭効果が高い。
・素材自体が燃えにくい特徴があり、防火性が高い。
・職人が塗装で仕上げるため優しい印象になる。

■デメリット
・乾燥によってひび割れすることがある。
・職人の手作業が必要な分、費用と工期が多く必要。

 

尚、ビニールクロスでも、調湿機能や抗菌抗ウイルス機能のあるものがあります。

シックハウスの原因といわれる化学物質の発生が少ない『 F☆☆☆☆(エフフォースター)』をクリアしたクロスも多く流通しています。

自然素材全般の傾向として、調湿や保温に優れぬくもりがあるという一方、価格が高額で劣化しやすいことがわかります。

 

3. 「健康を守る家づくり」の自然素材以外の選択肢とは
「健康を守る家づくり」の自然素材以外の選択肢とは

自然由来の素材でない建材でも、家族の健康を守るために開発されたものが多くあります。

高翔グループで実績のある素材から、2つ紹介します。

 

■エコパラダイス工法
特殊酵素の働きにより、抗酸化作用を促進させることのできる「エコパラダイス溶液」という製品があります。
エコパラダイス溶液を取り入れた住宅は、エコパラダイス工法と呼ばれています。
空気の浄化、住む人の活性酵素の除去、善玉菌の活性化、など、様々な効果がある上、地球環境にも無害な、新しい発想の製品です。
人体や地球環境に有益な建材は、自然素材だけではないということがわかります。

※お客様のお声は【こちら

 

■吹きつけ断熱材「アクアフォーム」
シックハウス症候群の原因とも言われる温熱環境を快適に保つには、家自体の保温性が重要です。
TAKASHO NO IE _ Brass Label」では、現場で発泡させることにより気密性が高く、高い断熱性を維持できる「アクアフォーム」を採用しています。
冷暖房を効率よく利用でき、夏は涼しく冬は暖かい室内を実現します。
さらに、シックハウスの原因となる特定化合物を含まず、フロンガスも発生させません。
温熱環境の維持は、冷暖房のエネルギーを削減することで地球環境保護にもつながり、未来の健康も支える大切な要素です。

4. まとめ~家族の健康を守る注文住宅を建てるには~
まとめ~家族の健康を守る注文住宅を建てるには~

「自然素材」は、健康を守る家づくりの一つの選択肢ですが、こだわらなくても健康的な家を建てることは可能です。

自然素材以外にも、健康に優しい製品や環境負荷の少ない建材が、日々開発されています。

 

また、健康的な生活には、バランスの良い食事、睡眠、運動が欠かせず、ストレスを溜めないために時間と経済の余裕も必要です。

価格の高い自然素材にこだわってしまったために、住宅ローンに追われてしまっては、元も子もありません。

冷暖房器具に頼らずとも、冬は暖かく夏は涼しい。

導線や収納が配慮され、家事に追われず家族の時間が持てる。

ファイナンシャルプランニングされ、経済的な余裕がある。

多角的な視点で、家族の笑顔のための家づくりを考えることが重要です。

 

高翔グループでは、物件探しからオーダーメイド住宅まで、住まいに関することは何でもご相談いただける体制を整えています。

『高翔バイセル』

芦屋エリアで注文住宅をお考えの際は、是非お声かけください。

 

 

【関連記事】

『シックハウス症候群とは?症状と対策について』

『新築に多い?シックハウス症候群と対策について』