前の記事へ次の記事へ
地鎮祭とは?行事概要・費用・準備物・マナー【まとめ】
お役立ち情報2021.03.08
地鎮祭とは?行事概要・費用・準備物・マナー【まとめ】

地鎮祭は、古くから建築の前に行われてきた儀式です。
最近は注文住宅の際に初めて知ったという方も多いようです。

1. 地鎮祭とはどんなもの?
地鎮祭とはどんなもの?

地鎮祭とは、土地の神様に工事の安全と家族の幸せを祈願する、建築の伝統儀式のひとつです。現代でも、地鎮祭を行わずに建築を着工することはまずありません。

地鎮祭は、神主に来てもらい、工事関係者と施主が参加して行います。
土地の氏神様に「建築の赦し」「工事の安全」「家族の繁栄」を祈願します。

地鎮祭の当日は、土地の四方に竹を立て、しめ縄で結びます。
さらに、建物の予定位置に地縄(じなわ)を張り、その中央に祭壇を構えます。
祭壇には、お供え物を置き、神様を招く準備が整います。

一般的な神式の地鎮祭は、下記の流れで行われます。

1. 開会の儀
神主の挨拶で、地鎮祭を始めます。

2. 修跋(しゅばつ)の儀
お供え物と参列者のお祓(はら)いをします。

3.降神(こうしん)の儀
神様を土地に招きます。

4. 献饌 (けんせん)
奉献酒、お供え物などを神様に差し上げます。

5. 祝詞奏上(のりとそうじょう)
神主が祝詞(のりと)を読み上げます。
敷地の住所、建築者と施主の名前も読み上げ、工事の安全を祈願します。

6.四方祓い(しほうはらい)
祭壇を離れ、敷地の四方に立てた竹を回り、塩、お米、お酒をまきます。

7.地鎮の儀/鍬(くわ)入れの儀
祭壇の隣に盛られた土に、その土地で初めて草を刈る「刈初(かりぞめ)」、初めて土を起こす「穿初(うがちぞめ)」を行います。
地鎮祭用の鎌(かま)を設計者が、鍬を施主がそれぞれ持ち、設計者が草を刈る動作をしたあと、施主に「エイエイエイ」のかけ声で砂を崩す動作をしてもらいます。

8.玉串拝礼(たまぐしほうてん)
参列者全員で、順番に玉串を祭壇に置いていきます。

9. 撤饌(てっせん)
お供え物を下げます。

10.昇神(しょうじん)の儀
神様にお帰りいただきます。

11. 閉式の辞
神主が閉式の挨拶を行い、地鎮祭は完了です。

12. 神酒拝戴(しんしゅはいたい)/直会(なおらい)
参列者全員で、お供えしていたお酒で乾杯を行います。
お供え物は施主が持ち帰ります。

このような儀式を行うことで、安心して工事を始めることができます。

2. 地鎮祭までに押さえておきたい3つのポイント
地鎮祭までに押さえておきたい3つのポイント

続いて、地鎮祭の気になるポイントを3つにまとめました。

【日取り】
六曜の「大安」「友引」など、日柄の良い日の午前に行うことが良いとされます。
その他、暦上の「建築吉日」「一粒万倍(いちりゅうまんばい)日」も縁起の良い日柄です。
一方、大安でも「三隣亡(さんりんぼう)」は建築上の凶日のため、避ける風習があります。

【費用・準備物】
当日の敷地準備を含め、建設側が準備物を揃えることが一般的です。
高翔グループでは、施主は手ぶらで地鎮祭にお越し頂けるよう、全て用意しております。
ただし、「お供え物のみ施主が準備する」「玉串料を神主に納める」など、建築依頼先により様々なケースがあるようです。

地鎮祭は着工日に合わせて行うため、当日に近隣への挨拶回りを行います。
事前に挨拶に回る件数を把握し、粗品など用意をしておくと良い印象になります。

【服装マナー】
服装に決まりはありませんが、神聖に行われる儀式のため、フォーマルな格好が望ましいです。
ただ、土のうえで行うため、歩きやすい靴でも構いません。
建築は安全第一です。

3. 地鎮祭の実際の様子
地鎮祭の実際の様子

高翔グループでは、特別な事情がない限り、着工前に必ず地鎮祭を行っています。
当日は厳かな雰囲気で儀式が行われ、私達もお客様も気が引き締まります。

過去の地鎮祭の様子は、弊社ホームページにも紹介しています。
お客様の地鎮祭:https://takasho.net/column/staff_blog/520.html
モデルハウス着工時:https://takasho.net/column/staff_blog/1140.html

 

地鎮祭の他にも、建築の節目の機会に式典を行うことがあります。

 

【上棟式】
木造軸組工法には、骨組みを一気に組み上げる「上棟(じょうとう)」という工程があります。
おめでたい建築の節目として、式典を行うことが一般的です。
集まった大工さんに挨拶をしたり、現場で簡単な食事を行ったりすることもあります。

 

建築から参加していただけることが、注文住宅の魅力のひとつです。

 

4. まとめ~地鎮祭という伝統的な儀式について~
まとめ~地鎮祭という伝統的な儀式について~

私達建築会社は、地鎮祭を行うことで、着工のたびに神様に安全で誠実な工事を約束しています。

 

高翔グループでは、お客様にまっすぐに向き合う、様々なサービスを展開しています。

安心安全にお住まいいただく、強固な構造と、手厚いメンテナンス体制を提供しています。

STRUCTURE SUPPORT

高翔トータルサポート

 

不動産の専門部署である『高翔バイセル』では、より身近に頼れるパートナーとなれるよう、芦屋駅前へ店舗移転いたしました。
[高翔バイセル芦屋駅前店] JR芦屋駅前 芦屋ラポルテ本館2F (0797-34-7703)

ぜひ、一緒に夢のマイホームを創りましょう。

 

【関連記事】
『憧れの注文住宅~建築の流れとその工期について~』