設備にも妥協をしない、毎日の暮らしにもこだわりを。
高翔がすすめるこだわり設備をご紹介します。

01

還元陶板浴

⼈は、生まれた瞬間から酸化(=老化)し始め、それは止めることができません。その問題を解決すべく、抗酸化にとどまらず、還元( =その物質から酸素を取り除き、元の状態に戻すこと)する温熱施設『還元陶板浴』をエコパラダイス㈱が開発。

当社には施⼯実績もございます。地域密着で家をつくり続け、お住まいになるご家族に健康に過ごしていただくことを⼀番に考えている私たちだからこそ、《還元陶板浴のある家》をつくることに強い想いを持っています。

02

カラっと地下室21

⼀般的な地下室は、部屋の中⼼に換気システムがあります。そのため、相対的に部屋のコーナー部分の湿度が⾼くなり、結露やカビの発生といった課題を抱えています。『カラッと地下室21』では、⼆重の断熱壁を設けるとともに、部屋のコーナー部分に十分な空気流通量を確保するための通気システムを採用しています。

これにより、「防音性が高く、冬は温かく、夏は涼しい」という地下室の特性に、「四季を通じてカラッと乾燥している」というメリットが加わりました。

オーディオルームや楽器練習室として、またトレーニングルームとして、活⽤の幅が広がります。

03

全⾯蓄熱床暖房

乾燥しない・空気が汚れない・やけどの恐れがない・・・などいろいろメリットの多い床暖房。マンションでの導入も標準的になってきました。

通常、床暖房といえば、特定の部屋の特定の部分だけが温かくなるものが多いのですが、全⾯蓄熱床暖房の場合は、部屋の四隅や廊下はもちろん、お⼿洗いの床にいたるまで、均質な暖かさになるのが⼤きな特徴です。

実際に住んで使ってみると、思いの他快適で『全⾯蓄熱床暖房にして本当に良かった!』というお声を⾮常によく伺います。
ぜひショールームでその快適さを体験してみてください。

04

オールアース住宅

⽬⽴たないながらも強い電磁波を24時間ずっと出しているものが家庭にはあります。それが屋内配線です。

電柱から引き込み線で取り⼊れた電気は、分電盤を介して室内の各所に配分されますが、その経路にあたる屋内配線から強い電磁波が出ているのです。電磁波は程度にもよりますが、⾝体に良い影響を与えません。

この問題を解決するのが『オールアース住宅』です。導電線シートを屋内配線の通り道に敷いて、このシートを接地させることで、屋内配線から発⽣する電磁波のうち『電場』を逃しています。

05

Air断

Air断は床下から冬は暖気、夏は冷気を取り込み温湿度を感知し通気層に空気を排出する事でエアーカーテンを形成し、屋外から伝わる暖気・冷気の遮断に効果を発揮します。また、空気の流れを作り必要時に換気を行う為、自然な空気の流れで効率的に24時間室温を調整して安定させる働きもございます。

さらに住宅の大敵である結露対策にも効果があります。温湿度センサーが露点計算を行い、露点温度に達しそうなとき、つまり結露が発生しそうな時に各部に設置したファンを動かし結露の発生を抑止します。

Air断の詳しい情報はこちらから
http://www.airdan.jp/index.html

TAKASHO STYLE

高翔の家づくり