施工実績

吹抜けで家族が繋がる家
芦屋市H様邸

高翔のこだわり

419A6461

空間とインテリア

伊藤:お引越しされてしばらく経ちましたが、お住まいになっていかがですか?

ご主人:以前はアパートに住んでいたので、最初はホテルにいるような気分でした(笑)。今では落ち着いて、広さも間取りも4人で住むのにちょうど良いです。

伊藤:中塚先生、今回の設計のポイントはどこでしたか?

設計 中塚氏(以下、中塚先生):当初から1階をLDKにしたい、というご要望を伺っていました。建物に囲まれた立地なので、南側に大きな窓を設けると、廻りの視線を気にしてカーテンやシャッターで閉じてしまいがちになります。そうなって欲しくないという思いから、リビングに大きな吹抜けを設けて、光を落とす事を考えました。

ご主人:やっぱり、圧迫感なくていいですよ。ソファに座って見上げた時も天井が高いので。多分、この吹抜けがなければ狭く感じていました。最近気がつきましたが、吹抜けがあることで、暖房時は2階も暖かいです。

中塚先生:吹抜けで天井が高いと、心が上向きになりませんか?それが一番大事だと思います。

奥様:私も吹抜けを取り入れてよかったです。2階上にいても子どもたちの声が聞こえるし、いつも家族が一緒にいる感じがします。

伊藤:そうですね。吹抜けがあると、1階と2階が分断されず、縦のつながりができますからね。

ご主人:子どもたちも走り回っていて、まるで運動場です!近隣に迷惑をかけないのも良いです。

伊藤:マンションンにはない、戸建のメリットですよね。今回はインテリアも先生からアドバイスされていましたが、いかがでしたか?

ご主人:はい。もう先生の言われる通りにしました(笑)

中塚先生:インテリアの決め方として、床が白、建具が濃い色と決まっていたので、それに合わせて提案しました。ホテルのようにしたいという想いもあり、流行の北欧テイストを取り入れてみました。

ご主人:先生に提案して頂いた白ベースの中に、黒もあるお陰でより引き締まった空間になりました。生活する面で良かったのは、白だと汚れが目立ちやすいので、すぐ掃除するようになりました!
正直、今までインテリアにはあまり興味がなかったんです。座れればいいとか、照明もつけばいいとか。ただ実際に新しい環境で生活してみると、良いものは大事にしたいな、と思うようになりました。

中塚:吹抜けの東側にアクセントクロスを持ってきたのも、ホテルのような上品さ、特別感を醸し出していますね。TVボードもインテリアとしていい感じです。

ご主人:TVボードは、教えて頂いたダイニングテーブル、照明と併せて新調しました。

中塚先生:いいですね!合っています。
419A6470_R

生活スタイルの変化

伊藤:普段の家事のしやすさはいかがですか?

奥様:キッチンも広くて、とても使いやすくなりました。

ご主人:このキッチンカウンターがいいですよね。よく活用していて、配膳がとても楽です。

伊藤:ここはこうした方が良かった、という点はありますか?先生の前で言いにくいかもしれませんが(笑)

ご主人:ちょっと待ってくださいね、考えます…まあ探すってことはないんですよ。あったら出てくるじゃないですか。先生にも要望を基につくってもらったので…

奥様:強いて言えば、リビングの扉を開けっぱなしにしていると、突然の来客時に作業中のキッチンが丸見えになっちゃうことかな。ここは締めるようにしていますね。

伊藤:確かに。玄関の延長線上にキッチンがありますからね。

ご主人:僕は…頑張って探しましたけど、浴槽をもう少し大きくしたかったです。一坪タイプにしましたが、子どもと3人で入ってるんで。

先生:身長がお高いですからね。

奥様:私はあんまり不便ないけど…

ご主人:1人で入ればね…僕は3人で入ってるから。

一同:(笑)

伊藤:お子さんも、そのうち大きくなったら1人で入るでしょうから、今だけの楽しみではないですか?

杵岩:そう考えると小さくて良かったじゃないですか?窮屈で入る方がね。うちの子は、小学校1年の時から既に嫌がって入ってくれなかったです。

一同:(笑)

ご主人: あとは、ベランダの大きさでしょうか。僕は体が大きいですし、子どもたちが成長するにつれて干す量も多くなるでしょうから、竿が2本並ぶくらいの奥行にできれば良かったかもしれません。

先生:今は確か、奥行き1.3mほどですが、1.8mくらいあってもがよかったかもしれませんね。木造の場合跳ね出す寸法に限界はあるのですが。

伊藤:家で過ごされる時間帯としては、リビングが多いですか?

ご主人:そうですね。2階には寝る時しか上がらないです。子どもたちはずっとここで走りまわっています(笑)

奥様:リビングと続いている和室は、完全におもちゃスペースになってしまいました(笑)しばらくはキッズスペースですね。
419A6442_R修正

外観と周辺環境

伊藤:先生、今回外観のポイントはいかがですか?

中塚先生:初めから白のイメージがありました。室内は、北欧風というかイームズ系( 夫婦で家具等のデザインに取り組んだ、アメリカのデザイナー。“シェルチェア”が代表的。 )の要素がありましたので、サッシを黒にしてキュッと引き締めたいという思いはありました。

伊藤:正面の窓枠に天然木もアクセントに取り入れて、ナチュラルな要素もうまく取り入れられていますよね。

ご主人:本当にカッコよくて、実用的な外観に仕上げて頂けたと思っています。先生にはうまく工夫して頂きました。

伊藤:ご両親はもうお見えになりましたか?

ご主人:何回か来ていますよ。妻の両親は近いので、多い時は月に3回くらい。まわりの環境も気に入っているようです。夜もずっと静かですしね。

伊藤:幹線道路からも少し離れていますし、環境はすごくいいですよね。特にここは新しい分譲地なので、みなさん同じくらいの世代で安心ですね。

奥様:前の道路で遊んでいると、ご近所のお子さんたちが外に出てきて、一緒に遊んでくれます!
419A6484

髙翔の家に住んで

杵岩:当社のコンセプトである「 空気のきれいな家 」は実際どうですか?

ご主人:新築なので、住んで1週間くらいは匂いがありましたが、あっという間になくなり、今ではいい意味で、住み慣れた空気になりました。

杵岩:最初はどうしても化学的な匂い…ボンドとか接着剤系の匂いが残っている状態だと思います。そういったものがない、心地よい住環境を目指す、というのが当社の抗酸化工法なんです。

奥様:子どもに喘息があるんですが、少し症状が出ても、前ほどゼーゼー言わなくなったように思います。もしかしたら抗酸化の効果かもしれませんね。

中塚先生:空気がきれいになるっていうことは、寝つきがよくなるというのはありますか?

ご主人:私は朝4時に起きるんですが、パッと起きられますね。この子たちもすぐ寝ちゃいますし。そこはすごく良いですね。猫もいますしね。

伊藤:そういえば猫ちゃんスペースについても打ち合わせしましたね。

ご主人:階段下を有効利用してもらってよかったです。今はソファの下にいますけど…(笑)

奥様:2軒お隣もお邪魔したんですが、あちらも階段下にワンちゃんのスペースがありましたね!

ご主人:杵岩さん、スタディスペースのカウンター奥行を.大きくしてもらったの覚えています?

杵岩:確か元々40cmで、現場の打ち合わせでスタディなのに物足りない…ということで広げましたね。

ご主人:建てながら、そういうご提案をして頂けたのも良かったです!

奥様:和室の板の間の色も、変えてもらったんです。

杵岩:そうですね。確か白だったような気がします。

ご主人:こっちの方が合うかも、ということで色を変えて、自然になりました。

伊藤:建築途中では、間取りの打ち合わせとは違ったところが見えてきますからね。そういう意味では杵岩( 現場監督 )は、いろんなアイディアの提案が得意ですね。

ご主人:約半年かけて家づくりをするということも含めて、建売にはない良さだったと思います。
419A6511

髙翔との出会い

伊藤:ご主人に初めてお問い合わせて頂いたのが、確か一昨年の11月頃だったと思います。お家探しをされる中で他のハウスメーカーや不動産屋を回られたと思いますが、最終的に高翔に決めて頂いたポイントはどこだったでしょうか?

ご主人:ポイントですか?それは伊藤さんでしょうね!今の50%冗談です(笑)。やはり親身になって考えてくれましたし、毎日高翔の前を通って通勤していたのですが、周りに高翔の看板がたくさんあり、色々な場所で建築されているのを見て安心感がありました。今日も餅つき大会があって、そういう良さもあるのかなと。大手にはない距離の近さや、みなさん一丸になってやっている感じ、信頼感がありますよね。サポート面でも良かったです。

伊藤:ありがとうございます。なるほど、確かに先生もお近くにお住まいですし、当社もすぐ駆けつけられる距離にあるというのはありますよね。そういう点はメンテナンス面も含めてご安心頂ける要素だと思います。

奥様:いつもアットホームな感じで打ち合わせさせて頂いて、何でも話せるというか、希望を聞いて頂けるというのは嬉しかったです。打ち合わせ中、子どもたちは自分の家のように、遊びまわっていました(笑)

伊藤:打ち合わせって、お子さんにとって楽しくないでしょうから、楽しんで過ごしてもらえる空間をつくることや、新しいお家をができあがるまでの楽しい打ち合わせ時間をつくるのも我々の仕事だと感じています。


理想の暮らし、
お聞かせください。

お客様の“幸せ”と“健康的な暮らし”を実現すべくオンリーワンの家づくりをご提案させていただきます。

お電話でのご連絡

0797-21-3313

営業時間:午前9時~午後6時

メールフォームからのご連絡