施工実績

リビングに集いたくなる家
西宮市S様邸

高翔のこだわり

419A9093_R

家づくりのきっかけ

深田:お家を建てられる前、お住まいに対してさまざまな思いがあったと思うのですが、「家を建てよう」と思われたきっかけはどのようなことでしたか?

奥様:マンション、中古住宅、建売などいろいろ考えましたが、予算面を重視すると、自分たちの希望するエリアでは、注文住宅にはなかなか考えが辿り着きませんでした。そんな中、髙翔さんの見学会に行って…

ご主人:あそこを見に行ったのが一番大きかったです。

奥様:私たちが「 こんなのいいよね 」とか「こんな風にしたいね」と言っていたことが、あのお家にはたくさん盛り込まれていて、「やっぱり注文住宅がいい」と思えました。

深田:最初にお話を伺った時は建売も検討されていて、ほかの会社の話も聞かれたと思います。たくさんのハウスメーカーや工務店がある中で、大きな買い物を髙翔で、と思ってくださったポイントはどの辺りだったでしょうか?

奥様:とにかく、あのお家を見てから建売という選択肢はなくなり、何とかパントリーのある注文住宅が実現できないだろうか、と主人を説得しました。それからは、ほかの仲介業者さんにも声をかけ、土地探しをお願いしていましたが、なかなか住み慣れたこの周辺で土地が見つからず、連絡もなかったんです。そんな時に深田さんから連絡をもらい、近くで土地が出たということで「じゃあ見に行ってみようか」という話になりました。ほかの業者さんには「 もしかしたら相手にされてないのかも… 」とも感じていた中、頻繁に連絡してくださいましたし。

ご主人:決め手は深田さんかな(笑)

深田:そんな風に言って頂けて嬉しいです!ご連絡して、このお土地もご紹介させて頂いてよかったです。この辺りはお散歩コースだったんですよね!

奥様:そうなんです。最初は古家が建っていたので、まさかここだとは思っていませんでした。「自宅近く」と聞いていたので、実際に見るまでは、「ここかな!どこかな!!」とワクワクしながらお散歩していました。
419A9068_R

住みはじめて思う事

深田:お打ち合わせの時から、ご夫婦ともにお召し物がいつもおしゃれだなあ、と思っていたのですが、お住まいのカラーコーディネートもとてもお上手ですね!

奥様:この家をつくる時、より広く体感できるようにと思い、クロスや建具の色はほぼすべて白を選びました。実際にこの家に遊びに来てくれた人たちからは、「わっ!広いね!」「圧迫感がないね!!」と言われます。カーテンには少し柄も取り入れようかとも思ったんですが、グレイッシュなホワイトに落ち着きました。

設計 上嶋氏(以下、上嶋先生):アクセントにも比較的落ち着いた色を選ばれていて、実際の空間以上に圧迫感なく広く感じられますね。ご夫婦のセンスだと思います。素敵ですね!

深田:キッチンツールなどの小物も可愛くレイアウトされていますね。

奥様:キッチンにはせっかく棚をつくっていただいたので、その用途をすごく考えました。キッチン雑貨がとても好きなので、「思い切って飾る方がいいよね」ということで、このようなキッチンになりました。

深田:すごく絵になっていますね。

上嶋先生:本当に!後ろにパントリーがあるから、表は飾り用として、あまり生活感が出ないようにされているんですね。

深田:パントリーは活躍していますか?

奥様:すごく役立っていて、来客があっても奥にさえ仕舞っておけば人目に付くこともないですし。ダイニングテーブルの位置からして、お客様が来られても見えませんし、油跳ねで汚れたりするのも気になったので、扉はあえて付けませんでした。荷物を持って入ることも多いので、扉はなくてよかったかもしれません。いろいろなものが置けてすごく重宝していますし、特に、遊びに来られた女性からはよくパントリーを褒められるので嬉しいです。

上嶋先生:荷物を持っていたりすると、開けるのもひと手間ですからね。見えたとしても、白いボックスで揃えられているのでスッキリしていますね。
419A9064_R

髙翔の家での生活

深田:お引き渡しを終えて半年が経ちましたが、何か生活の変化はありましたか?

ご主人:早起きかな?

奥様:主人は前からよくキッチンに立ってくれていたんですが、もっと頻繁にご飯をつくってくれるようになりました。休みの日の朝ご飯は、主人担当なんです。

ご主人:キッチンが広いんで、料理が楽しいです。

奥様:楽しんでるよね!味はともかく(笑)

ご主人:いやいや、味も美味しいよ!

奥様:鳥チャーシューが美味しいです。

上嶋先生・深田:いいですね~。

奥様:朝起きると、なんだか早くリビングに行きたくなるんです。

ご主人:息子も、起きたら「パパ、あっちいこう」って言うんです。

奥様:とても居心地がいいです。

上嶋先生:一番長くいる場所が居心地の良い場所になって、嬉しいです。
419A9082_R

注文住宅でよかったこと

深田:お打ち合わせの中で、ご主人様は特にバルコニーのルーバーに強い思いをお持ちだったと思うのですが、お住まいになってみていかがですか?

ご主人:そうですね。ここをつくって日当たりも良くて!高さや隙間の寸法など、ルーバーの細かい部分もばっちりです。

奥様:夏はプールもできたしね!洗濯物も干せますし、使い勝手がとても良いです!

深田:念願のバーベキューはもうされましたか?

ご主人:少し寒くて、まだできていないんです…5月くらいにはできればと!リビングの高窓もつくってよかったです。晴れていれば、日中は明かりいらずです。

上嶋先生:「明るい家 」は、お二人の大きなテーマでしたね。

奥様:日当たりは重要視していました。入居は8月でしたが、夏と冬を経験してみて、ずっと日当たりは良いです。冬場、来客がなければ暖房もつけたり消したりするくらいです。

上嶋先生:お友達はもう呼ばれましたか?

奥様:地元の友達や姉が来てくれました。私の地元では、土地が安い分広いお家を建てる人が多いんですが、姉からは、それに匹敵するくらい「 解放感がある 」と言われました。ドアの背が高く、広く感じるんでしょうか。

上嶋先生:縦にラインが伸びると広く感じられますね。シンプルで白が基本なので、圧迫感がなくそれも起因していると思います。

深田:注文住宅ということで、先生との打ち合わせに最も長い時間をかけて頂いたのですが、その中で特に印象に残っていることや、取り入れてよかったことをお聞かせいただけないですか?

奥様:大きさや高さなど、すごく細かいところまで打ち合わせして下さり、絵に描いてくださったりして、想像もしやすかったですし、実際に生活してみて、とてもいい広さが実現できました。あと空間的に広く感じられて、勾配天井にして本当に良かったです。

ご主人:勾配天井にしていなかったら、こんなに明かりも取れていなかったわけだし。

上嶋先生:そうですか!私がどうというより、お二人のご要望をたっぷり詰め込まれたお家ですね!私はそれを少し整えただけですよ。奥様のお仕事スペースは快適ですか?以前はダイニングテーブルでお仕事をされていたと伺っていましたが。

奥様:以前はパソコンを毎回運ばなければならなかくて…家事も並行してできますし、同じスペースに設けられてよかったです。
419A9112_R

これから建てる人へ

深田:これからお家を建てられる方へ、アドバイスなどお聞頂けないですか?

奥様:できるかできないかは別として、気になることは伝えてみることが大事だと思います。そこからいろいろアドバイスも頂けましたし。

深田:そうですね。「できないかも」と思って消化不良になるよりも、気になることは言って頂いた方がより良いお家ができると思います。

先生:そういう意味では、「バルコニーでバーベキューがしたい」とか、「ここで仕事がしたい」とか、お二人からはやりたいことを早い時期で言って頂いたので、よかったです。

奥様:照明も密に打ち合わせをして頂いて、足りないところは全くないです!

先生:将来的にはプロペラファンも!

奥様:しばらく考えて、二人で意見を整えて購入しようと思います。

奥様:ほぼ毎週のように通っていた打ち合わせが終わった時は、少し寂しかったです。近くを通るたびに、「前はよく行ってたよね」って話すんです。

先生:私も打ち合わせはとっても楽しかったですよ!

奥様:あの時はいっぱいいっぱいだったところもあり、家に帰ったら険悪だったこともありました…(笑)でも結果としては、二人とも「いい家になったね」って話しています。

深田:土地探しも含めると約1年に及ぶ家づくりでしたね。ご家族にとっての心地よい家づくりのお手伝いができたことを、とても嬉しく思います!


理想の暮らし、
お聞かせください。

お客様の“幸せ”と“健康的な暮らし”を実現すべくオンリーワンの家づくりをご提案させていただきます。

お電話でのご連絡

0797-21-3313

営業時間:午前9時~午後6時

メールフォームからのご連絡