施工実績

外との繋がりが心地いい家
芦屋市W様邸

高翔のこだわり

DSC_0240_R

髙翔の家に住んでみて

濵田:お家ができて約1年になりますが、住み心地はいかがでしょうか?

ご主人:「気持ちいい」という言葉が一番しっくりくると思います。朝起きた時に入ってくる光だったり、開放的な階段から見える空、カーテンから差し込む光…朝起きた時にそんな気持ちよさを感じていて、ほかにもいろいろあるんですが、1日を気持ちよく始められているところが良いと思います。

奥様:私は前よりも、毎日の天気を意識するようになりました。以前はあまり空を見上げることがありませんでしたが、毎朝、ブラインドを開けるところから始まるので、その日の天気が何となくわかるようになりました。毎朝、神様へのご挨拶や今日の出来事などを、空に向かって娘と一緒に話しています。
あと、おじいちゃん、おばあちゃんは少し寂しがるんですが…この子が一番この家に帰りたがるんです!お友だちが遊びに来て、「わー!素敵なお家ね~」と言われるのを聞いているからか、自分で「素敵なお家だよ~」と言って案内するんです。私たちとしては謙遜するんですが、心の中では私たちも満足しています(笑)

ご主人:確かに「素敵なお家」ってよく言っていますね。

濵田:それは嬉しいです!ありがとうございます。

奥様: キッチンでのお料理も楽しんでいます!

ご主人:以前はかなり狭いところで頑張ってくれていたので…

奥様:きっと、あの家で6年頑張ったからこそ、この家のキッチンのありがたみを感じられるんだと思います。この子の様子を見ながら、お話しながらお料理もできますし。

濵田:よくご友人を招かれてお食事会などされるんですか?

ご主人:妻はよく、友人と一緒にお菓子づくりをしていますし、ゲストルームもあるので家族連れでも来てもらいやすくなりました!

濵田:髙翔の家のひとつのポイントで“きれいな空気”というものがあるのですが、お住まいになってみて、何か体感されていることはありますか?

ご主人:もともと妻が喘息持ちだったんです。

奥様:出産して体質が少し変わったのもあるかと思いますが、喘息発作がなくなりました。娘に関しては成長したこともあるかと思いますが、寝込んだり耳鼻科に通うようなこともなくなり、風邪で保育園を欠席したことは今のところありません。

ご主人:リラックスして、元気に過ごすことができています。

濵田:元気にお住まい頂けることが、私たちにとっては一番うれしいことです!
419A4776_R

家づくりのこだわりポイント

濵田:先生の設計のポイントはどんなところにありましたか?

中塚氏(以下、中塚先生):まずお会いした時、お二人ともとても爽やかで、ご主人様言葉の組み立て方から賢明さが、奥様の笑顔からは華やかな印象がありました。そんなお二人のイメージや、見せて頂いた写真などを参考に、「その雰囲気を、この土地でつくるにはどうしたら良いだろうか」という事を考えました。
そこから生まれたのがこの南側の大開口。

濵田:やはりこの立地的に、2Fリビングは必須でしたか?

中塚先生:そうですね。天井を高くすることでより解放感が得られるので、それも取り入れました。

濵田:インナーバルコニーに関してはいかがですか?

中塚先生:インナーバルコニーには奥様の強いこだわりが詰まっています。はじめは屋外バルコニーとして考えていましたが。

奥様:先生からご提案頂いた時は、「やっぱりバルコニーにしようか」と心が揺らぎました。でも長いスパンで使い続ける事を2人で考えた時、真夏や真冬にバルコニーを使う機会はないし、娘がプールで遊ぶのも一時的な事なので、結局は当初の希望に合わせてインナーバルコニーになりました。

中塚先生:この空間は、このお家のポイントになっていますね。

ご主人:まだまだ発展途上だと思っています。まだ住んで1年なので、これから徐々に手を入れていきたいと思っています。

中塚先生:日本で住宅を設計していても、こういう空間ってなかなかないんです。

奥様:発展途上という事もあると思いますが、よく「ここ何?」って聞かれます(笑)

中塚先生:壁の色も現地で選ばれたかと思うんですが、素敵な仕上がりになりましたね!

奥様:最初は小さなサンプルで、もっと違う色を選んでいたんですが、現地で見てみると、白との変化があまりなく、試し塗りをしてもらいながらこの色に行き着きました。パープルに見えますが、実はグレーなんです。光加減でピンクっぽく見えたり、グレーに見えたり、その変化がすごく気に入っています。

中塚先生:いいですよ、この色!!

奥様:写真撮影の背景にもなっています。ハロウィンの時や、お誕生日会の時とか、スタジオ風な写真が撮れます!いずれは小さなテーブルとイスでも置きたいと思っていますが、今は子どもたちが遊んだりしているので、しばらくゆっくり探そうと思います。

濵田:多目的スペースとしても、これからどんどん発展していきそうな空間ですね!
419A4784_R

メリハリのある生活空間

濵田:ストリップ階段も大きな特徴ですね!

ご主人:入って開けていて、その先に木が見えるというのがイメージとしてありました。

中塚先生:意識として、外と中が一体となった生活空間になりましたね。ピクニックに行くと、ごはんが美味しく感じると思うのですが、そういう感覚ですよね。そんなことをイメージしながら設計しました。

ご主人:そんないろんな感覚を総称して、「気持ちのいい」生活空間にして頂きました!

濵田:個人的に、2階の和室をどのように使われるのか、当初から気になっていたのですが、実際にはいかがですか?

ご主人:今はおもちゃが置いてあるので、娘が一人で遊びたいときは子ども部屋のような使い方をしています。夏場なんかは涼しくて、私もお昼寝したり(笑)来客用としても使えるんですが、今のところ家族の心地よい空間になっています。畳でゴロンとできるのっていいですね!

中塚先生:日本人のDNAがそうなっていますからね!

濵田:主寝室から水回りへの動線もこだわられましたよね。

奥様:すごく使いやすいです。以前住んでいたマンションだと、すべての用事が1フロアで完結していたのが、1階と2階に分かれることで、生活しにくくなるのでは、と心配していました。でも、脱衣室から主寝室までを全部開けておくと大きなひと部屋になるので、娘は走り回って楽しんでいるみたいです。以前なら、お風呂に入ってくつろいだ流れで何となくテレビを観てしまったりしていましたが、娘の中で区切りがつくのか、寝る姿勢ができるようになりました。

濵田:メリハリのある生活空間になったんですね!主寝室に併設したご主人の書斎はいかがですか?

ご主人:書斎はこれからです(笑)デッキスペースは仕上がってきたので、書斎は2年目、3年目の課題ですね。

濵田:そうなんですね!そのデッキスペースはあの辺りはいかがですか?

ご主人:この春に間に合うようにチューリップを植えました。本当にきれいに咲いて、この子が水やりをするようにもなりました。

奥様:お花の確認で1日に何度も外に出たがるようになり、ご近所づきあいも広がりました。お向かいの方もチューリップを育てていらっしゃったんですが、水やりをしたり、ご挨拶しているとお宅のチューリップを分けてくださったり、ハイビスカスを分けていただいたり、ライラックの育て方の資料をいただいたり…もっといろいろ植えたくなります。

中塚先生:そういったことがきっかけで、周りの環境とも繋がると良いですね!
419A4773_R

デザイナーとの家づくり

濵田:先生からのアドバイスの中で、一番のお気に入りポイントはどんなところですか?

奥様:いっぱいあるけど…勾配天井を取り入れて頂いたことで、ほかのお家に見られないくらいの広がりが得られたので、よかったです。

中塚先生:設計しながら、「かなり広いですよ」というお話はしていたんですが、やはり奥様が広がりをとても意識されていたので、目いっぱいに広げました。

奥様:あと、キッチンの床は塩ビタイルを勧めて頂いていて、本当に良かったと思っています。当初は全面同じ床材でと考えていましたが、ちょっとした素材の違いで空間に変化を持たせることもできましたし、掃除もしやすくて、色も気に入っています。

ご主人:私たちの「こうしたい」という想いを、期待を超える形で実現してくださいました!

中塚先生:私は設計する時にいつも、服を着せるような感覚で取り組んでいます。お二人にはどのような空間が似合うのか、という考えでコンセプトをつくり、お二人の持っているものを形にさせて頂きました。

奥様:私たちは素人なので、無茶なお願いもしていたかもしれないのですが、それを上手くまとめて下さり、すごく満足しています!

中塚先生:ありがとうございます!
419A4815_R

これから家を建てるご家族へ

濵田:お土地探しから、注文住宅の設計という工程をご経験されて、これからお家づくりをされる方へのアドバイスなど伺えないでしょうか?

ご主人:やはり、家を建ててよかったと思える点は多いです。友人を招いて一緒に料理できるようなキッチンや、ちょっとした空間の変化、メリハリ、光の入り方など、気持ちのいい空間を実現できたのは、注文住宅だからこそだと思います。
ここをこうしていれば…と思う点もありますが、ほとんどが期待以上の仕上がりになり、全部含めて楽しい家づくりだったと思います。それを楽しみたい方には、注文住宅がぴったりだと思います。

奥様:最初に、どのような家にしたいかを記入するシートを頂いたのですが、それを基に夫婦で話ができました。美容室と一緒で、自分の好みのヘアスタイルって伝えておかないと、「思ってたのと違った…」となってしまいますよね。家づくりはやり直しができないので、極力好みや希望を、写真や文章で伝える事が大切だと思います。それをさせて頂いたおかげで、先生からはイメージと違う提案を持ってこられることもなかったですし、自分たちでは探せないような商品も提案頂けたのも良かったです。ご家族によっては決定権を持つ人が異なると思うので、両方の意見を均等に聞いてくれるところに依頼するのも大切だと思います。私たちはお互いに希望を伝えあっていたのであまり困ることもなかったですが、みんなで暮らす家なので、子どもも含め家族一人一人が愛着を持って過ごせるといいなと思います。

濵田:お子さんも、ご夫婦も、楽しそうにお住まいの様子で、お手伝いさせて頂けて本当に良かったと思います。本日は、貴重なお話をありがとうございました!


理想の暮らし、
お聞かせください。

お客様の“幸せ”と“健康的な暮らし”を実現すべくオンリーワンの家づくりをご提案させていただきます。

お電話でのご連絡

0797-21-3313

営業時間:午前9時~午後6時

メールフォームからのご連絡